「未分類」カテゴリーアーカイブ

保湿の種類

保湿には大きくわけて2種類あります。まず、一つ目が肌の表面を保護してくれ、また外からの異物などの侵入や水分の蒸発を防ぐ保湿剤になります。このタイプは肌の表面を皮脂膜と同じようにコーティングすることにより、異物の侵入や水分の蒸発などを防ぐ役割を担ってくれます。

アトピー性皮膚炎の肌は、特に炎症が出ている場合では、普段は何も問題ない化粧品などの成分も刺激となってしまい、炎症を悪化させることがあります。そのため、病院などではよくワセリンなどが出されます。もしそれ以外の保湿剤を使用した場合は、まず、肌の刺激になってします添加物がなるべく排除してあるオイルや保湿クリームを選ぶようにしたほうがよろしいかもしれません、

しかしながらそれが、無添加ならなんでもいいというわけではありません。配合されている脂質の種類などによっては、皮膚の角質層に進徳することにより角質層内の細胞間脂質のバランスを崩すことがありからです、そうなると逆にバリア障害をおこしてしまい、水分保持力やバリア機能をさらに低下させてしまいます。このタイプを選ぶ場合には配合されている油の種類にも注意することが大事です。

そういうことを考えるとワセリンは病院からも処方されるほど安全なものかと思いますので、自分で用意されるのであれば精密度の高いものを使用するのもいいのではないでしょうか。