アトピー肌には保湿が大事

アトピー性皮膚炎は水分の保持力が低いため乾燥しやすいです。皮膚の角質層の細胞間脂質の主成分であるセラミドというのが少ない状態になっているからです。このセラミドを主成分としている細胞間脂質が水分の保持力やバリア機能を約80%を担っているためにセラミドが不足すると外部からの刺激や異物などに弱い肌になってしまいます。

このようなアトピー肌に必要なのはやはり保湿になります。ちゃんとした保湿ケアをすることにより、異物などの侵入により炎症やかゆみが発生し、そこをかくことにより皮膚の角質層に物理的ダメージを与えてしまい、バリア機能がさらに低下し、さらに炎症を起こしやすくなってしまうという悪循環をなくすことができます。

しかしただ保湿剤を使えばいいのかと思うかもしれませんが、それは違います。保湿剤にもいろいろなものがあります。ちゃんとした方法でじぶんにあった保湿剤を使わなければ、さらに皮膚を傷めてしまいまた、炎症を強めてしまう可能性も出てきます。まずは保湿剤にはどういう種類のものがあり、今の自分の皮膚の状態をみて、それからその時にあったものを選ぶ必要性があります。やみくもに使うのではなく、きちんとした使い方をすることにより初めてその効果を期待できるのです。